Get in touch
Contact us

We’d love to receive your business enquiry.

Email us


Follow Vodafone Machine-to-Machine


Preference centre

Sign up to receive our news and information – and choose what interests you most. We value your privacy.

Preference centre

Did you know you can scroll down? Scroll to top

Vodafone Machine-to-Machine (M2M)

コンタクト先

住所

  • 100-0011
  • 東京都千代田区内幸町1-1-1
  • 帝国ホテルタワー15F

電話番号

  • 03-3507-5677

E-mail



ボーダフォン マシン・ツー・マシン(M2M)とは

ボーダフォン マシン・ツー・マシンは、従来、個別に稼動していた機器やデバイスを、人手を介すことなくワイヤレスでインターネットに接続することにより、新機能やより充実したサービスを提供します。M2Mは、一般的なアプライアンスをインテリジェント化する技術で、これらのアプライアンスから、サービスプロバイダやメーカーに有益なデータをフィードバックできるようにすることで、より品質の高い顧客体験をもたらします。20年の経験と250名の専任スタッフによってサポートされるボーダフォンのグローバルM2Mプラットフォームは、より高度な制御機能と従来に比べ低コストで、容易に複数の領域にまたがるM2Mの展開を集中管理を実現します。ボーダフォンのM2Mソリューションは、主に、公共サービス、自動車、運輸、遠隔保守、警備保障の各分野で活用頂いております。



  • NEW! M2M普及状況調査レポート2013

    当社はB2B専門の調査会社であるCircle Research社に委託し、M2M戦略の立案に携わる企業の責任者 を対象とした調査を実施しました。本調査は、多くの業界と地域を網羅しており、これまでにはない視点からM2Mの全体 像を把握することができます。今回は、英国の調査会社 Analysys Masonの主席アナリストによる解説も掲載しました。 現状のM2Mに対する自社のポジションを十分に理解され、ビジネスの変革のためにM2M導入を検討する参考資料として ご一読下さい

  • M2M ホワイトペーパー

    本書では、M2Mワイヤレスコミュニケーションの要素を背後で支える主要なビジネスドライバーについて検証し、さらにM2Mテクノロジーを、世界規模で効率よく導入する方法を紹介します


ソリューション概要

グローバルM2Mサービスプラットフォームは、ボーダフォンによって一元的に設計およびホスティングされた専用データプラットフォームです。M2Mソリューションの大規模かつ多国展開用に最適化されており、ボタンを押すだけで各デバイスの起動や一時停止、停止などを集中制御できる、お客様用のセルフサービス・ポータルが含まれています。

主要機能と導入メリット

より卓越した顧客体験を提供することは、私共の重要な戦略であり、接続されたM2M製品をお届けさせて頂きます。ボーダフォンでは、お客様のM2M展開を支援するための経験豊富なグローバルM2M専任チームを配備しております。お客様と協業することより、そのビジネスニーズと達成目標を十分に理解した上で、いかにM2M技術をお客様に適用できるかを評価します。事前のプロビジョニングを行い、すぐ使用できる状態のグローバルSIMを提供させて頂くことで、お客様側でのM2Mソリューションインストール、配備、展開を大幅に簡素化することができます。ボーダフォンは、世界最大規模の携帯通信ネットワークを保有しており、ソリューションの設計や機能面に関して直接的に大きな影響力を持っています。また、お客様のニーズおよび特別の要望に合致したSLA(サービスレベルアグリーメント)によって、M2Mソリューションをサポートします。

 

 

 




© 2013 Vodafone Limited. Registered Office: Vodafone House, The Connection, Newbury, Berkshire, RG14 2FN. Registered in England No 1471587.

Our Code of Conduct

Reporting concerns

All employees and contractors have a duty to report any breaches of our Code of Conduct, which is known as our "Speak Up" policy. We have launched a global external reporting scheme which allows employees and contractors to report through a third party. This new process enables us to consolidate existing whistle blowing practice in local markets, increases visibility and ensures consistency of approach in responding to concerns raised from across the organisation. Concerns may be reported anonymously and the protection of innocent people is our priority at all times. People can identify themselves to our external partner using a PIN and receive feedback. Vodafone has a non-retaliation policy and will not take any action against anyone reporting a genuine concern, even if this is proven not to result in a breach of compliance.

Read more

The Vodafone Code of Conduct

Vodafone "Speak Up" policy